個人事業主が法人登記できるシェアオフィスの選び方について紹介しているサイト

>

さまざまな仕事の形

この記事をシェアする

複数企業で間借りするサービス

シェアオフィスとは企業が個別でフロアを借りるのではなく、いくつかの複数企業で1つのフロアを利用するサービスです。
そのためシェアオフィスによっては他企業との境目の在り方などには差があります。
複数企業で同時に間借りする形であっても、企業ごとの境目がはっきりさせてある場合もありますし、自由にスペースをとってそれぞれが利用している場合もあります。

また、オフィスというよりはミーティングルームとして個別に利用できたりなど、利用方法を選べるところもあります。
シェアオフィスは1フロアを複数で利用する形なので比較的利用料金が安く済む傾向があるため、オフィスにそこまでの広さやグレードを求めていない場合にも向いています。

シェアオフィスで利用できること

シェアオフィスを利用する人の代表的な目的の1つに住所の利用ができるという点があります。
会社にとって住所というものは、会社の所在地を示すというだけのものではなく、会社のステータスを示す1つのバロメーターにもなるものです。
そのため、一等地のシェアオフィスを利用することで会社のイメージに箔がつくという1面があります。
また、会社の住所というのは記載したり公にする機会が多いため治安の意味でも自宅ではない住所登記場所として利用されることがあります。

シェアオフィスでは郵便物を受け取ったり、オプションで電話の受付や秘書の代行を付けてもらうことができる場合もあります。
料金体系はサービス内容やシェアオフィスの立地などでかなり違いがあります。


トップへ